AKUTA no KOIBUMI

“ 興味よりも高い興味 ”


“ 一言広告します ”



“ 往来をぶらぶら一人歩いてゐる ”


“ 何でもないのよ ”


“ 好きなものはありませんか ”

“ 純金の匙に珈琲の茶碗をかきまわしながら、快活にいろいろの話をしたものです。”